top of page
検索
  • 執筆者の写真宇野 重起

新プログラムのご紹介

病院改革総合プログラム


 UMM&Cでは、病院経営に関するコンサル業務の他に、人材育成プログラムも充実しています。以下のような内容をご提供していますが、今まで裏メニューとして表立っては提示していなかったプログラムを今回はご紹介したいと思います。

 * 現在提供中のプログラム

   ・病院管理者育成プログラム(総論的指導)

   ・事務長育成プログラム(医療機関別完全個別対応)

   ・医事課長育成プログラム

   ・医師事務作業補助者育成プログラム

   ・病院経営プログラム(経営者向け総論的プログラム)

   ・病院事務方勉強会(経営編)

   ・病院事務方勉強会(医学知識編)

   ・BIツール体験講習

   ・組織育成プログラム(院内職種を問わず対応:対象は管理職者)

   ・各種経営関連データの分析

 

 * 新メニュー(従来は裏メニュー)

   ・病院改革総合プログラム


病院改革総合プログラム

 このプログラムは、従来から提供させて頂いているプログラムを全て内包し、UMM&C代表がご契約いただく医療機関に常駐し(事務長職又は同代行職)UMM&Cで提供している各種人材育成プログラムとデータ分析業務を病院職員に教育していくプログラムになります。当然、組織改革も行い、どういう意識で仕事に向き合うのか?仕事の精度とは何か等々を始め、常駐することで日常業務の中で色々と対応しながら教育できるメリットを最大限提供できるようにするためのプログラムです。 このプログラムの最大の特徴は、UMM&C代表が転居して、契約医療機関に常駐すると言うところにあります。最短で組織改革をやりたい、世代交代するに当り、組織体制を一新したい等々、病院経営者の想いを具現化すべく対応するためのプログラムです。


ご興味、ご関心がある方は、お気軽にお問い合わせください。

まずは、ご相談(無料)からになります(訪問又はオンラインにて対応)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病院事務方勉強会(医学知識編)

病院の事務組織は、根拠のない底辺意識を持っていることが多い。なぜ、このような意識、気持ち、感覚になるのか?日々行っている業務内容は決して簡易なものではない。診療報酬請求に関する様々な知識や経験が必要になることから、もっと評価されても良いのでは?評価してほしいと思う事務方職員は多いはずである。しかし、よくよく考えてみれば、上記のような請求業務やそれに付随する業務は、部署としてやって当然のものであって

Comments


bottom of page