top of page
検索
  • 執筆者の写真宇野 重起

活動報告

2021年から、病院事務職・組織の育成プログラムをスタートさせました。

内容は…

①病院事務職間連携による組織力強化

②病院事務職存在意義を考え、院内連携強化に向けた、病院経営勉強会

③臨床職種と病院事務職の連携強化のための臨床職種向け勉強会

④「カネの番人」医事課長育成プログラム

⑤「経営の要」事務長育成プログラム

⑥その他応相談対応(リクエスト等)


その他に、2019年から活動している地域から選ばれる病院になるための地域向け勉強会も行います。

今や、患者も多くの情報を持つ時代に変わり、地域における自院のポジショニングの明確化は必須です。

地域向け勉強会の内容は…

①介護にならないセカンドライフの在り方

②終活って何だ?〜終活を知る

③今さら聞けない…新型コロナウイルス勉強会

④その他リクエスト等にも対応

こちらの勉強会は、地域のデータを使った勉強会になりますので、都道府県、国のどこか遠いところの話ではなく、現実味を帯びた内容で行います。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病院事務方勉強会(医学知識編)

病院の事務組織は、根拠のない底辺意識を持っていることが多い。なぜ、このような意識、気持ち、感覚になるのか?日々行っている業務内容は決して簡易なものではない。診療報酬請求に関する様々な知識や経験が必要になることから、もっと評価されても良いのでは?評価してほしいと思う事務方職員は多いはずである。しかし、よくよく考えてみれば、上記のような請求業務やそれに付随する業務は、部署としてやって当然のものであって

新プログラムのご紹介

病院改革総合プログラム UMM&Cでは、病院経営に関するコンサル業務の他に、人材育成プログラムも充実しています。以下のような内容をご提供していますが、今まで裏メニューとして表立っては提示していなかったプログラムを今回はご紹介したいと思います。 * 現在提供中のプログラム ・病院管理者育成プログラム(総論的指導) ・事務長育成プログラム(医療機関別完全個別対応) ・医事課長育成プログラム ・医師事務

Comments


bottom of page